ヘアケア剤(シャンプー)を変える


くせ毛とシャンプー
日頃から使用している「シャンプー・リンス・トリートメント・整髪剤」が、いわゆる化学物質(石油系)を使用している場合、くせ毛の大きな原因になることがあります(シャンプー・リンス・トリートメント・整髪剤)。


ですのでこれらのヘアケア剤を変えることで、クセ毛が改善し、クセが目立たなくなったり、気にならなくなる可能性は十分にあるのです(完全に直毛にすることは難しいですが)。


具体的にはどのようなヘアケア剤に変えれば良いのでしょうか?


 くせ毛を改善するヘアケア剤



無添加のシャンプー

天然アミノ酸系のシャンプー

石鹸シャンプー


髪の毛の主成分は「アミノ酸」ですので、アミノ酸系のシャンプーは、髪の毛にはもちろん、頭皮にも優しく、クセ毛を改善する効果も期待できるのです。


また石鹸シャンプーは、化学物質などが含有されておらず、無添加のシャンプーですので、頭皮の新陳代謝を良くし、毛穴に詰まった化学物質などを取り除き、今生えてる髪の毛の髪質を変えることはできませんが、新しく生えてくる髪の毛はクセが目立たなくなる可能性があるのです。


 間違ったヘアケア剤選び




近年では「クセ毛対策用のヘアケア剤(化学物質を使用した)」が多く販売されていますが、正直言って、あまりオススメはできません。


くせ毛の人にとって見れば、これらのヘアケア剤はとても魅力的に感じるかもしれませんが、「クセ毛対策用のヘアケア剤」の多くは、ストレートパーマに使うパーマ液(薬剤)や油分が入っており、使うたびに徐々に扱いやすい髪の毛になったり、直毛に近づく可能性はありますが、その分、髪の毛や頭皮へのダメージも蓄積されていき、結果的によりクセが強くなる可能性が高く、薄毛や抜け毛の原因にもなる可能性があるからです。


もちろん、「クセ毛対策用のヘアケア剤」でも、無添加で髪の毛の主成分であるアミノ酸系のものならオススメできますが、単に「化学物質」によって、一時的にクセを抑えたり、髪の毛を美しく見せるヘアケア剤は、根本的な解決にはならず、長い目で見れば、髪はもちろん、頭皮にも良くないことは明らかですので、使用する前によく考えなければなりません。


確かに無添加でアミノ酸系のシャンプーなどは、化学物質で作られたシャンプーよりも割高ですが、自分の大切な髪の毛や頭皮にとってどちらが良いのかは一目瞭然だと思います。


また一般的な石油系のシャンプーなどは、洗浄力が強すぎて、髪の毛に必要な油分までも取り除いてしまうため、クセが強くなる可能性が高く、頭皮の毛穴に添加物がつまり、これもまたくせ毛の原因になる場合がありますので、クセ毛を改善したい人は、これらのヘアケア剤を改めることも必要かもしれません。


 くせ毛とヘアケア剤のまとめ



化学物質(石油系)のヘアケア剤は使わない。

クセ毛対策用ヘアケア剤はストレートパーマの成分が入っている場合が多いので、髪の毛や頭皮にダメージを与えることとなる。

できるだけ無添加(アミノ酸系や石鹸シャンプーなど)のヘアケア剤を使用する。

くせ毛には油分でなく水分が必要なので、水分補給(ヒアルロン酸など)ができるヘアケア剤を使用する(油分で一時的に潤いを与えても結果的には逆効果になる)


以上のように、化学物質(石油系)を使用して、手触りがよくなったり、見た目がサラサラになるヘアケア剤は、その場凌ぎのくせ毛対策(ダメージヘア対策)製品で、将来的に見れば、クセ毛が強くなったり、抜け毛、薄毛の原因になることがありますので注意が必要です!



スポンサードリンク